Hot Wheels 情報まとめ | ホットウィール にわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

Z-WHIZのレビュー!&簡易レストアも。ホットウィールで一番最初の日本車に選ばれたDatsun Fairlady Z S30型![9639]

にわかはボロボロのZ-WHIZを手に入れた!

それをすてるなんてとんでもない!(既視感)

・・・というわけで、ホットウィール初期の名作「Z-WHIZ」です。
「Z-WHIZってなんやねん」って言う人も、このマシンを観れば一目瞭然ですよね。

そう・・・みんな大好き「日産フェアレディZ S30型」ですよ!

僕もホットウィールを知るまではピクリとも反応しなかったマシンなのに、今では大の大の大の大好きな一台だったりします。

というわけで・・・Z-WHIZのレビュー行ってみましょう!

ズィー-ウィズのレビュー

本日紹介しますのは、初期ホットウィール・レッドライン最後の年に登場したZ-WHIZです。

以前たぁ坊さんから頂いた「ボロボロのあげるから、外出自粛を楽しんでね」シリーズ3種のうちの1つ!

オークションやフリマアプリでもちょいちょい出ている個体なので、僕も毎回ちょっとずつ入札しては悔しい思いをしていたアイテム。
なのでこういう形でのご提供を頂けて本当にありがたき幸せでございます!!

Z-WHIZについて

Z-WHIZは1977年のホットウィール「Flying Colors」にて初登場したアイテム。

1977年はちょうどレッドラインタイヤからブラックウォールへの切り替わり時期だったこともあり、この初期Z-WHIZにもホイールバリエーションが存在しています。
今回のはブラックウォール採用モデルでした。

さてこのマシンが何なのか・・・というのは冒頭で書いたとおり、日産フェアレディZ(USにおいてはDatsun 240Z・260Z・280Z)です。

USでは当時から今日に至るまで人気の高い日本車の一つであり、何気にホットウィールで最初にキャスティングされた日本車というのがこれでした。

逆にいうと約10年の間、ホットウィールから日本車のリリースはなかったわけですよね~。
そう思ったら今みたいにちょいちょい日本車がラインナップされる時代というのは、やっぱり恵まれているのかもしれません!

デビュー年以降は同じグラフィックス、別カラーのものが1984年あたりまで展開されたようですが、それ以降は登場しておらず、金型的にもそこで終了してしまったモデルと言えるでしょう。
※特に1983年~1984年はフランス限定、イタリア限定、メキシコ限定などでの発売があったそうです。

S30型のフェアレディZ自体はその後もご存知のとおり、

DATSUN 240Zのレビュー!レース仕様のS30型フェアレディZ【2008年Modern Classics】

2007年にDATSUN 240Zが、

NISSAN FAIRLADY Zのレビュー!ADVAN×Gノーズの旧ジュンイマZ![DTY77]

2016年にNISSAN FAIRLADY Zが、

CUSTOM DATSUN 240Z / Fugu Zのレビュー。俳優サン・カン氏のプライベート車両をHW化[DTW89]

そして2017年にはCUSTOM DATSUN 240Zがそれぞれ誕生しています。
それだけホットウィールやUSのコレクターにとっても特別なマシンってことなのでしょう。

なぜZ-WHIZ?

さてこのマシンの名前「ズィー・ウィズ」ですが、、、いったいなんでこんな名称なのでしょう?
当時のファンたちもきっと「なんだこの名前・・・謎車か!?」とか騒いでたに違いない・・・!
(なお、日本ではマテルの「ミニカ」として発売され、No.67「フェアレディZ」という名称だったようです)

マテルのミニカ(赤箱ホットウィール)まとめ。

Zはわかりますよね。
日産フェアレディZの「Z」じゃないですか。

じゃあWHIZって何や!?

その答えは・・・「Gee-Whiz」っていう英語のフレーズから取られているとのこと。
感嘆を表すもので、「あらまぁ!」とかそういう意味の言葉なんだそう。

他の言い方でわかりやすいのだと「Wow!」ですね。
※どちらかというとGee-Whizは女性が言う言葉みたいです。

つまり「Gee(ジー)」を「Z(ズィー)」にしたダジャレネームアイテムだった・・・ということ。

誰がこんなことを考えたんですかねえ!
このマシンのデザイナーのLarry Wood御大でしょうかw

ちなみに・・・こんな名前をしていますが、ボンネットには「DATSUN」とロゴが入っているとおり「ライセンスドカー」扱いでございます。
(但し、当時そのあたりのライセンス関係がどういう感じで扱われていたのかは不明)

では各部みていきますよー。

フロント・リア

カエルちゃんみたいなこのフェイス!
紛れもなくS30ですね~。

レース仕様でも、Gノーズでも、FUGUでもない、ノーマルに近いZなのかな。

当時もちろんトミカなんかでもフェアレディZは発売されていましたが、ホットウィール版を手にしたミニカーコレクターが唸ったとかなんとかいう噂があるほどに、まぁ・・・カッコ良かったそう。(といっても僕は当時生まれてないし、本当のところはどうだったのか知らんけど、、、)

サイド

やーん、かっこいい。
S30ってこのサイドビューがめちゃくちゃにカッコいいと思うんですが、どうでしょう??

しかも後年のホットウィールに採用されているZに比べると、ロードクリアランスも高めだし・・・なんかノーマルっぽい感じがまたいいなぁ。
・・・といっても後輪がやけに大きい「カリフォルニア・ルック」ではありますが!

ボディカラーはHot Wheels Wikiによると「Grey」とのこと。
今回頂いたアイテムはだいぶクリアが剥がれてしまってるのか・・・ZAMAC(Unpainted)っぽい感じに見えなくもないですね。

ただ、綺麗な当時ものの写真とかを見ても、グレーというよりはややシルバーっぽい印象もあるようなないような。

まぁ、この当時のホットウィールって結構微妙なカラーバリエーションがあったりしたので、もしかしたら同じグレーでもシルバーっぽいヤツもあれば、もっとグレーなヤツもあったかもしれません。

ホイールはBW。
前述したとおり、レッドライン最後の年だったこともあって、同じデザインのアイテムでRLが採用されているものも存在しています。

レッドラインホイールの仕様と製造時期や国による違いまとめ

トップ・ベース

タンポがかなりひどいことになっちゃってますね~!
それだけ遊んでもらったんだな!ウンウン。

当時これを手にして遊んでた子だって、今やもうアラフィフですからね。
むしろこれぐらいのボロボロさでここまで残ってくれてたこの子に感謝!って感じです。

底面には1976年の著作年表記と、香港製であることが記されていました。

初期アイテムは香港メイドで、後期は基本的にマレーシア産なのですが・・・

中には珍しいフランス工場製のヤツなんかも存在したそう。
うわー、、、こんなのあったら全工場バージョン欲しいじゃんね!

レストアすっぺな

さてさてさて!
前述したとおり、こいつを譲り受ける際にはたぁ坊さんから「暇つぶしにレストアしてねー」と言われていたこともありまして。
僕はなんとかこのボンネットのタンポをどうにかしたいと思ったのであります。

で、いつもみたいに自分でそれっぽいデータからデカールを起こしたり、エナメル塗料でヘロヘロな線を書いてレストアしたり・・・とかやっても良かったんですがw

ちょっと気になってたアイテムがあるので、それを導入してみました。

それがこいつだぁーッ!!!

ebayなんかで出回っている、レッドライン用のデカールです。
Red Line Shopさんとかでも扱われてますが、僕は今回Second Chance Redlinesとかいうヤツを仕入れてみました。

・・・というか、オレンジ色の部分がちゃんとオレンジのデカールって、ここのヤツしかなかったんですよ。
(Red Line Shopさんのはメキシコ限定Z-WHIZっぽいヤツだったし・・・)

ただまぁ、結局はうまくオレンジが発色してなかったですけども。
いやむしろブルーが薄すぎない・・・?

CMYKだと限界があるのかなぁ。

でもまぁ、こういうのを導入して、簡単にレッドラインが復刻できるならそれに越したことはないなと思ったのです。
(ただ・・・こういうのってライセンス料どうしてるのかね)

とりあえずこんな感じで切り抜いて貼って見ました。
水転写の普通のデカールなので、特に難しいこともなく貼れましたよ~。

どれぐらい下地を隠せるかがわからなかったので、試しにルーフは黄色の下地を残して貼ってみることに。

すると・・・結構透けちゃうことが判明(´;ω;`)ブワッ

もう後の祭りじゃーーーい!!!

なので、これから試してみようという方は下地を綺麗にしてから貼ることにしましょうね。
(それでもグレー地が透けちゃうから、白とかで塗り直してからの方が綺麗に映えそうです)

ルーフでの失敗を生かしまして、ボンネット側はタンポを綺麗に落としました。

最近のホットウィールと同様、エナメル溶剤とかマニキュア除光液とかで簡単に落とせます。

それで、こんな感じに。
うん、ちょっとズレたな。

モールドにもしっかり入り込むよう、デカールはマークソフターなどの軟化剤を使うのがポイントですよ~。

で、これ貼ってから気づいたんだけど・・・ノーズ先端の「Z」のとこ、、、黄色が入ってないやん!!!!!不良品やん!!!

んもー・・・。

まぁ、どの道どれだけ綺麗に仕上がったとしても「偽物」に違いないんだからいいんだけど。。。

というわけで、こんな感じに仕上がって完成です。
ホイールは例によって4Artist Markerで簡単に仕上げさせて頂きました。

ホイールの剥がれたメッキタンポの再生に、ペベオ 4 ARTIST MARKERを導入してみた

やっぱり気になっていたオレンジやブルーの色味がイマイチですね。
それでも全体的に綺麗になったし・・・良しとしてもらえますでしょうか!!!

※なお、ルーフの一部はデカール軟化剤を塗って綿棒で拭き取ろうとして一部剥げました。。。。

おわりに

というわけで・・・Z-WHIZのレビュー(&レストア)でした。

これで”たぁ坊三銃士”もとりあえず完成です。
・・・って、結局全部「簡易レストア」だった・・・!!(だって思った以上にボロボロじゃなかったんだもの、、、)

※カマロもエッジ部分などをちょい足しで仕上げてます。

あとは我が家のS30君たちともパチリ。

あ、そういやこのDATSUN 240Zもたぁ坊さんがくれたヤツじゃん、、、
ほんと、ありがたやありがたや、、、

LarryのZにPhilのZ、JunのZにJunのZ・・・!

・・・ところで今回のレストアですけど、海外からデカールを仕入れる時点で普通に”ヤフオク!でZ-WHIZの綺麗な状態のヤツを買うぐらいのコスト”がかかってしまいました。

わかります・・・?
お金をかけて、がんばって偽物を作ったわけですよ!!

やるなぁ、僕。さすが。

なのでまぁ、みんなは「よーしデカール仕入れて直すぞー」なんて思わず、頑張って綺麗な個体を探す方がいいと思います。
(日本では「ミニカ」の時代に発売されたものなので、そこそこの数が出回ってるそうですよー)

・・・ただ!
こういうデカールを駆使したら・・・よ?

画像はHot Wheels Collectorsより

もしかしたらこれ(RLC版のDATSUN 240Z)とかを作ることができるかもしれないわけですよね~。

うんうん。
妄想ひろがりんぐ。

さて、みなさん。
私は今回のデカールを購入するとき、併せてこんなものも入手しましたよ・・・。

・・・あとはわかりますね?

それではまた後日・・・バーイセンキュー。

お役に立てたらシェアして貰えると嬉しいです!

  こんな記事も読まれています

  関連記事

Comment

  1. super cub より:

    ニワカ師匠こんにちは

    トップのロゴが変わりましたね
    ブルーで涼しそうで良いすね〜

    午前中に間に合わず、一時迄待ちです。
    なんで、お役所はお昼休みがあるんだよと

    • にわかマニア管理人 より:

      super cubさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      ロゴ、いろいろ思うところがあって変更致しました^^
      冬でも涼しく行かせていただこうかとw

      >お役所は

      お昼休憩ぐらいあげてください!w
      むしろ飲食店とスーパー・コンビニ以外はお昼はしっかり休んでくれい

  2. shubee より:

    こんにちは

    レッドライン用のデカールなんて売ってるんですね。
    日本でも専門店さんとかにあるといいですねぇ。
    度々ヤフオクで撃沈して入手に至らず、レッドライン自体持ってないのであれですがw

    CANDY STRIPERのデカール、
    入手したばかりのRLC sELECTIONs版をリペイントするんでしょうか!?
    おお、、、もったいないような楽しみなようなw
    確かに屋根は白いけども、ベースカラーが違うので剥離して全部塗り直すってことなのかな・・・?

    あ、トップイメージ変わりましたね。
    ロゴも新しくなって新鮮味があっていいですね♪

    • にわかマニア管理人 より:

      shubeeさん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      レッドラインはリプレイスメントパーツやら、こういう補修パーツがあちこちで売ってるみたいです。
      なので本物と思って入手したものが修復品だった・・・なんてことが普通にあると思うので、こだわる場合には注意が必要ですね。

      一回バラした後で元通りにするための「かしめパーツ」なんかもありますので、、、

      僕が集め始めた2015~2016年ぐらいには日本にもレッドラインショップみたいなのがあったと記憶してるんですが、、、いつからか探せなくなっちゃったんですよねえ。
      また日本で簡単に買えるようになったらいいなぁ。

      >入手したばかりのRLC sELECTIONs版をリペイント

      いやー!!!さすがにしないっす!!!w
      でもこの写真、そう取れちゃいますよね!?失敗した。。。

      ドナーのベルエアにはもうちょっと面白いヤツを選んでますので・・・お楽しみに!

      >トップイメージ

      ありがとうございます。
      ロゴと背景のミニカー(パソコン表示のみ)を変更しました。

      ミニカー写真は何パターンかランダムで・・・とやってみたんですが、表示サイズに納得がいっておらず、、、もうちょっと手を入れるかもw

  3. より:

    お晩で御座います

    ロゴ刷新大変鮮やか爽やか三組で思わず、
    「 目には青葉 山ほととぎす 初絶飛 」、
    と一句できました。by 山口乙堂。

    レストア途中のベアメタルでも十分熱いッ。
    ギラギラ鏡面仕上げを是非見てみたいでっす!
    某動画投稿サイト「圧倒的不審者の極み!」さん的感じで(笑
    ちなみに御仏製のHW乙にビビリチョイ漏れです・・・。

    何気無く量販店サイトをチェックしていて、トラポンMix-FとG 7車種、
    7個購入した人のレビューで★1つを付けている人がいました。
    何が気に食わなかったんだろう?と拝見致しましたところ、
    開封写真付きで、紫RWBポルシェ930/エアロリフトの鬼7個セットが
    写ってました ○| ̄|_ =3
    ★1つに思わず唸ってしまった今日1日でした。

    • にわかマニア管理人 より:

      乙さん

      お晩ですぅ~。コメントありがとうございます!

      初絶飛てなんすか、絶飛て。ぜっぴ?
      あ、ゼット?

      >ギラギラ鏡面仕上げを

      たしかに・・・!
      もう一つゲットする機会があったら、どちらかをギラギラにしちゃおう。

      >圧倒的不審者の極み!

      うわなんだこのチャンネル・・・すっご。。。

      >御仏製のHW乙にビビリチョイ漏れ

      ね・・・これはちょっとどころじゃなくほしいっすよね。
      ・・・って漏らしてんかい!!!!!!

      >紫RWBポルシェ930/エアロリフトの鬼7個セット

      ファーーーーwwwww
      NZの通販事情、鬼畜過ぎますww

  4. CRESTA より:

    にわかマニアさん
    お疲れ様です
    レストアいい感じに仕上がりましたね!ルーフを少しミスった所やノーズ先端のZが色不足のエラー品だったり、ウィールのみならずデカールもエラー品を捕まえるところが愛されポイントですね~見ごたえあっていいですよ(笑)

    あとトップのデザイン変更したんですね!前のが見慣れてたので不思議な感覚ですが このデザイン にわかマニアさんらしさが出てていい感じですよ~平成から令和に変わった瞬間とまでは言いませんが貴重な瞬間に立ち会えた感じで少し嬉しいです☆

    • にわかマニア管理人 より:

      CRESTAさん

      コメントありがとうございます!

      まぁ僕がミスるのはもう仕様だとして・・・w
      このZロゴの色がないのは許せませんな・・・!

      エラー品というより、これもそういう仕様だったみたいだけど。。。(泣)

      でも愛されポイント!?
      それなら良しとするかぁ・・・w

      >トップのデザイン

      やっぱ本家のロゴをそのまま偉そうに使うのはどうかと思いまして・・・。(特に怒られたりしたわけじゃないけど)
      らしさが出てます?そう言ってもらえると嬉しいです!!w

      しばらくは変えるつもりないので・・・たしかに年号かわるばりに貴重だったかも!!

  5. poncha2016 より:

    こんにちは。

    チームトランスポートのCode H
    ベンツ単品売り、ありましたよ!

    http://poncha.blog.jp/archives/35298797.html

    • にわかマニア管理人 より:

      poncha2016さん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      おー早速ヨドバシで出ましたか!
      買おうか買うまいか、、、(悩んでいる間に売り切れるパターンのヤツや)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です