Hot Wheels 情報まとめ | Hot Wheelsにわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

RLC (Red Line Club) とは?入会要件や特典についてのまとめ

      2016/06/07  - 基本情報・まとめ

what_is_rlc

ホットウィールを集めていくと、否が応でも目につく「RLC」の文字。
一体RLCとは何ぞや!?と思っている人も少なくないのではないでしょうか。

RLCはレッドラインクラブ(Red Line Club)の頭文字を取ったもので、
ホットウィールが大好きな大人のための有料会員クラブの事。

会員ランクに応じて限定モデルやグッズが貰えたり、
先行情報、HWCの先行販売などの特典があります。

スポンサーリンク

Red Line Clubの入会要件や特典について

以下の情報は2016年2月現在のものです。
また、英語の苦手な人間が頑張って読み解いたものなので、
詳細は必ずオフィシャルページで確認してください。

入会要件

入会要件はとても簡単でした。

  • 18歳以上であること
  • 有効なクレジットカードを持っていること

公式にはこの2つだけです。
※他にも北朝鮮やシリアの住民じゃないこと、などの条件もあり

また、特典を受け取る為の”アメリカでの”住所が必要。
日本で受け取るには個人輸入の代理店を頼るなどで可能です。
※日本への直送はしてくれないそうです。

入会時期

RLCに入会するには、HWC(Hot Wheels Collectors)の公式サイト上から、
募集期間内に申し込む必要があります。

2016年で言えば2/2から新規会員の募集が行われました。
※6/7時点で、まだ締め切られていません。

既存会員、新規会員合わせて9,000名分程度の枠が埋まるまで募集されるものと思われます。

年会費

Classic会員:$24.99(3,024円)
Chrome会員:$69.99(8,469円)

※日本円換算値は目安です。
いずれも$1=121円で計算。
実際の日本円換算は支払いカード会社のレートによると思います。

Classic会員は新規会員、または既存会員でChrome会員にアップグレードしなかった人のこと。
Chrome会員は既存会員のみ申し込みが可能かつ、先着2,000名限定でなれる会員資格です。

特典

以下情報は2016年RLCメンバーシップの特典を参考にしています。

  • RLC限定特典モデル(Chrome会員は色違い3台、Classic会員は1台)
  • RLCボタン
  • RLC会員証
  • リミテッドカーのワッペン
  • HWCサイト内でのRLC限定モデルが買える
  • HWCサイト内での先行リーク情報(Only RLC)が読める
  • HWCサイトで販売されるHWCモデルなどの24時間先行発売

RLC限定特典モデル

RLCメンバーシップの一番の目玉といっても過言ではない特典が、メンバーシップ限定モデルではないでしょうか。
2016年は’55 Ber Air Gasserになると発表されています。

rlc2016

黒が3,000台、赤が4,500台、青が5,500台用意されています。
Chrome会員(2,000名)はこの3色を1台ずつ受け取る事が可能。

残りの1,000台、2,500台、3,500台をClassic会員が先着順でゲットしていける事になります。
※その為、Classic会員は7,000名ということになりますね。

rlc-belair

青のベルエアがこんな感じでした。
当然スペクトラフレーム仕上げで、オールドスタイルのレッドラインタイヤを履いてます。

’55ベルエアガッサーを持っている人は自分のモデルと比べてもらったらわかる通り、
特にフロントグリルらへんの仕上がりが全然違いますね。

シンプルなのに、初期ホットウィールとも違ったカッコよさがあります。

HWC限定モデル

RLC会員になるとHWCでしか販売されていないモデルを24時間先行で買う事が出来ます。
これらはRLC会員でなくとも買えますが、確実に欲しい人はRLC会員になっておいた方がいいということです。

HWC限定モデルは例えばこんなの。

写真はHotwheelsCollectors.comより

写真はHotwheelsCollectors.comより

ネオ・クラシックスと呼ばれるシリーズ。
これは1970年らへんに発売されていたCustom Continental IIIという車種のリバイバル版です。

スペクトラフレームにレッドラインタイヤと、当時のスペックを再現しただけにとどまらず、
どことなく気品溢れる感じに作られていますね。めちゃくちゃカッコイイです。

こういった通常では出まわらない限定モデルだったり、
あとは過去のベーシックカー全台セットなんてのもあります。

2015set

例えばこれ。
2015年のファクトリーシールドセット。

2015年ベーシックカー全種(HW City120台、HW Offroad80台、HW Race93台、HW Workshop104台、計397台)に、33台の限定カラーバリエーション、5台のHWCモデル・・と実に435台のセットで$549.99というお得な(?)セットです。

当然THもSuper THも入っているので、朝早くからトイザらスに並んで戦争する必要もなしというわけ。

RLC限定モデル

rlc-exclusive

他にもHWC内で、RLCメンバーだけが買えるモデル、なんてのもあります。
希少性が高そうな感じですね。

RLCメンバーの投票によって車種とカラーリングが決まるRLC sELECTIONsに参加できるのも買えるのもRLCメンバーだけですね。
[参考]RLC sELECTIONsについて

他特典参考

2013年のRLCメンバーズキットを紹介している動画がありました。参考までに。

申し込み先・詳細

RLCの申し込み詳細は以下から確認できます。

[参考]RLC Membership-Summary
※英語のサイトです。

申し込み手順としては、この途中にある「How do I join the Club?の項目の「Click here to register」からオンラインでまずはHWCの会員登録。

その後、期間中であればHWCのサイト上にRLC会員申込のリンクが出ていますので、そこから申し込む形になります。

redlineclub

RLCのメンバーシップ会員をオンライン上で購入する感じですね。
ADD TO CARTに入れて、支払いを済ませればOKなハズです。

ただし、上述の通り、日本への特典の直送はしてくれないので、
アメリカに知り合いがいなければ、個人輸入代行業者あたりを頼る必要がありますね。

おわりに

というわけで、いつかはなりたいRLCメンバーシップの詳細でした。

2016年の特典内容についてはほぼ同じ内容ですが、こちらも参考までに。
[参考]2016年のRLCメンバーシップ概要が発表されました!色々と勘違いしてた。

  関連記事

1/87スケールのホットウィールについてのまとめ。Ford GTX-1を使ったサイズの比較レビュー。

今日はこの車種の紹介です。 FORD GTX-1です。 ・・・。 ファッ!? ・ …

100%ホットウィールシリーズについてのまとめ。ついでに’70 Firebird T/Aのレビュー。

もともと子供向けの玩具として販売されたホットウィールですが、当時の子供が大人にな …

ホットウィール?ホットホイール?呼び方からタイヤの名称まで。

ホットウィールについて調べていると「ホットホイール」と言っている人がよくいる事に …

自分のオリジナルホットウィールが作れるHot Wheels Fusion Factory Car Maker

以前、Snap Ridesという「レゴみたいなホットウィール」を紹介しました。 …

新旧モデルの比較が面白い!ホットウィールのThen And Nowシリーズ(2016)について

以前、セグメントシリーズのART CARSについて「全台欲しくなる!」とまとめま …

ホットウィールのアニバーサリーモデルまとめ

1968年にアメリカで産声をあげたホットウィール。 2018年にはその歴史が半世 …

全台並べたくなるシリーズHW ART CARS(2016)の車種と文字について。

2016年のHW ART CARSセグメントシリーズも、7月発売のLアソートでつ …

no image
ホットウィールが通販で買えるネットショップや専門店まとめ。価格帯や送料について

発売日にトイザらスでオープン前から並ぶのは嫌だ! 戦場で争うのはもっと嫌だ! ト …

35th記念シリーズ「Hall Of Fame」のまとめ。Dodge Viper RT/10のレビューを添えて。

20日前ぐらいにリサイクルショップで入手したルースのRRのうち、最後の一台は20 …

ホットウィールのVINTAGE Collectionについて。Paddy Wagonのレビューも。

先日立ち寄ったリサイクルショップで、ついにVintageシリーズ(Vintage …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です