Hot Wheels 情報まとめ | Hot Wheelsにわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

自分のオリジナルホットウィールが作れるHot Wheels Fusion Factory Car Maker

      2016/11/14  - 基本情報・まとめ

以前、Snap Ridesという「レゴみたいなホットウィール」を紹介しました。
[参考]ホットウィールがレゴみたいにカスタムできちゃうSNAP RIDESシリーズ

・・・が、実はホットウィールには、もっともっと「トミカ組み立てマシン」みたいなヤツがあったんです。

それが、Hot Wheels Car Maker!

hotwheelscarmaker

2013年に発売されたもので、棒状のワックス(蝋)を型に流し込み固めて、あらかじめ用意されているシャーシ+タイヤに組み合わせ、デカールを貼って仕上げる・・・という、まさにホットウィールカスタムのはじめの一歩的なアイテムだったようです。

・・・日本に入ってきてたのかなぁ。
モールド(型)セットやスティックワックス、デカールの別売り販売があったそうで、もし当時僕が持っていたらめちゃくちゃハマってたこと必至です。

そんなHot Wheels Car Makerが素材を変えて今年再登場しました。
それがHot Wheels Fusion Factory Car Makerです!

スポンサーリンク

Hot Wheels Fusion Factory Car Makerについて

fusionfactorycarmaker

Hot Wheels Car Makerとパッと見の感じでは似ていますね。
モールドがあって、材料があって、組み立てマシンがあって。
※組み立てはトミカ組み立てマシンとは違って手でやるみたいですが。

何が新しくなったのかというと、材料がワックスからシリコンになった点と、ディテールアップパーツを組み合わせられるようになった点。

ワックスの強度がどんな感じだったのかはわかりませんが、蝋燭をイメージするとちょっと爪を立てたら削れちゃいそうなのを考えたらシリコン製になったのは安全面でも良かったのかもしれませんね。
ただシリコンってゴムみたいな感じの質感だから、ダイキャストのホットウィールと比べるとやっぱり全然違う仕上がりなのが気になるかもしれません。

デカールがなくなってしまった代わりにディテールアップパーツで差別化をするようになったのもシリコン製になった為かもしれないですね。

公式の動画はこちら。

おおー、楽しそうw
ちゃんと走るんですね~。

本体セットにはシャーシ3体とモールド2つ、エアロパーツが3つにウィンドウパーツが4つ、2色のシリコン材が付属しているようですが、別売りでモールドパックという物が売られており、ボディデザインやカラーリング、ディテールアップパーツの組み合わせはもっともっと増やすことができるようになっています!

シリコンの強度も気になるところですが、シリコン材のリフィールパックも別売りで存在しているので、いくらでも遊び倒せる仕様になってるんですね。
これ、デザインナイフとか駆使してオリジナルデザインにするのもやりやすいのかも。

うーん、欲しいぞ!

おわりに

というわけで、オリジナルのホットウィールが作れるCar Makerの紹介でした。
せめてシリコンじゃなくてプラだったらなぁ・・・と思わないでもないですが、こどもが自分のオリジナルカーを作るという創造力を育むキッカケとしてはちょうどいいのかもしれないと思います。

この派生で大人向けに、ナイキのシューズを作るような感覚でオリジナルホットウィールが作れるサイトとか出来ないですかね~w
カラー、タンポ、エンジンやエアロのパーツ、タイヤを自由に組み合わせて・・・「ホットウィール組み立て工場」みたいな。

うわー、欲しいぞ!

 

  関連記事

Red Line (Red Stripe) タイヤについてのまとめ

ホットウィールはド派手なボディサイドのペイントに目を奪われがちですが、何気にタイ …

no image
ホットウィールラインナップ一覧(2014-2016)

ホットウィールの2016年モデルから順に、過去の全モデルをリストにしていく予定で …

1/87スケールのホットウィールについてのまとめ。Ford GTX-1を使ったサイズの比較レビュー。

今日はこの車種の紹介です。 FORD GTX-1です。 ・・・。 ファッ!? ・ …

Hot Wheels Classicsシリーズについてのまとめ。

ホットウィールを集めている人なら誰もが気になっている「スペクトラフレーム」。 現 …

ホットウィールのBlue Cardとは?その歴史やオールブルーカードについて

ホットウィールについて調べていると「Blue Card」とか「オール・ブルーカー …

ホットウィール最初期モデルの製造国とレッドラインホイール仕様まとめ

ちょっとレッドラインについて気になったのであれこれ調べてみました。 レッドライン …

ホットウィール40周年を飾った「Since ’68シリーズ」について。

Since’68シリーズは2007年末から2008年にかけて展開され …

1968年最初の16台。THE ORIGINAL 16、SWEET 16について

ホットウィールが産声をあげたのは1968年、いまからもう約半世紀前のこと。 世界 …

Cool Classicsシリーズについて。スペクトラフロスト×レトロスロットの魅力と’84 Hurst Oldsのレビュー。

Hot WheelsにはいくつかのClassicsシリーズがあります。 その中で …

RLC sELECTIONsについて

RLC(Red Line Club)の会員限定カーに「sELECTIONs」とい …

Comment

  1. ユウサン より:

    こんにちは!
    これめちゃくちゃ楽しそうですね!トミカがこういうのだすとどうしてもチープに見えてしまう印象なんですが、HWは何やってもHWらしさがあるところがいいですよね。
    そういえばトミカはトミカショップで自分でパーツ選んで組み立ててくれるやつがありました。決められた三種類くらいのボディカラーや内装のカラーを選び、それを組み立ててくれるというものでした。HWだったら、シャーシ共有してボディの種類から選べたり、ホイールをいろいろ選べたりできそうですね。HWCで大人向けにやればあらゆる種類のカラー選べて、追加費用でスペクトラフレームにできたり…所詮は妄想ですが…w

    • ユウサン より:

      追加です。
      さっきHW公式見てたらBアソでてました。気になるやつを数えてたらなんと15台も… とりあえず5台くらいまでしぼっていきます。

      • にわかマニア管理人 より:

        ユウサンさん

        こんにちは!コメントありがとうございます。

        >めちゃくちゃ楽しそうですね!

        ですよね!!
        共感して貰えて良かったです。

        >そういえばトミカはトミカショップで自分でパーツ選んで組み立ててくれるやつがありました。

        トミカ工場みたいなヤツですかね?
        それのホットウィール版が欲しいんやぁ。。

        >あらゆる種類のカラー選べて、追加費用でスペクトラフレームにできたり…

        そうそうw
        自分のカスタマイズでタイヤ交換ぐらいまでは出来ても、なかなか塗装までは手がでない!
        ましてやタンポなんて絶対に無理・・・って人がほとんどだと思うので、企業ロゴやフレイムスをオプションで追加できて・・・

        >所詮は妄想ですが…w

        ですね~・・・w

        >Bアソ

        見てきました!
        CHEVY LUVは絶対にゲットしたい。。。

        気になるヤツが15台もあっても、ゲットできるかはライバル次第・・・

  2. 林哲平 より:

    にわかマニアさん、こんにちは!!!

    これは凄い!!! ボディから成型するなんてめっちゃ本格的ですね。
    アメリカではオバマ政権時代に小学校教育に3Dプリンタを導入してましたから、向こうでは「カスタム」ならボディから作る!!! ぐらいのインパクトが無いと子供に受け入れられないのかもしれませんね。

    • にわかマニア管理人 より:

      林さん

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      >これは凄い!!! ボディから成型するなんてめっちゃ本格的ですね。

      凄いですよね!
      僕がこどもだったら絶対欲しいです。(大人でも欲しいので・・・)

      >アメリカではオバマ政権時代に小学校教育に3Dプリンタを導入

      そうなんですか!!すごい。
      3Dプリンターと言えば、マテルが子供向け3Dプリンターを作っているという話が今年の初めか去年ごろにありました。
      ホットウィールのカスタムに使われるだろう、なんて予想されていたので、もっと本格的なCar Makerがリリースされる日も近いかもしれませんね!

  3. 水戸 裕一 より:

    にわかマニアさん、コンバンハ‼

    なんだか、日本のトミカよりも先をいっている感じがして楽しそうですね!
    もしかしたら、タカラトミーさんも真似して出してくるのでは?と思いました。

    • にわかマニア管理人 より:

      水戸さん

      こんばんは!コメントありがとうございます。

      >日本のトミカよりも先をいっている感じがして楽しそうですね!

      そうですね~。マテルってまだまだ元気なんだなぁ、って思いますw

      >もしかしたら、タカラトミーさんも真似して出してくるのでは?と思いました。

      こういうのの特許的な問題はよくわかりませんが、トミカ版がでたら欲しいって人もいっぱいいると思うんですよね~。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です