Hot Wheels 情報まとめ | Hot Wheelsにわかマニア

ホットウィールの情報をまとめるにわかファンサイトです。

ホットウィールベーシックカー2017年のセグメント一覧と概要まとめ

     - 基本情報・まとめ

先日の2017年プレビューにおいて、2017年のセグメントがすべて発表されました。

2017年も2016年と同じく30セグメントで、1セグメントあたり5種または10種の車がラインナップされています。

全てのセグメントの方向性が見えてきたのでまとめました。

スポンサーリンク

2017年セグメントまとめ

2017年のセグメントは30種中22種が昨年と同じセグメントとなっていました。
つまり、昨年に比べて新しいセグメントは8種ということになります。

LEGEND OF SPEED

legends-of-speed_tcm838-299231

Legend of Speedは2017年の新しいセグメントです。

Legends, champions and record breakers from the past and the present!

「過去から現在までのレジェンド、チャンピォン、記録更新者たち!」というセグメントだそうです。
ラインナップされているのは10種で、基本的にはスピードが出そうな謎車たちです。

ただ、FAIRLADYがラインナップされているなど、比較的自由なセグメントと言えそうですね。

HW SCREEN TIME

hw_screentime_330px_tcm838-280141

HW Screen Timeは2016年にもあったセグメントですね。

Cars inspired by your favorite movies, TV shows, videogames, and more.

テレビやゲーム、映画などからインスパイアされた車種とのことで、HALOにナイトライダー、マインクラフトなどなどの劇中車が全10車種モデル化されています。

EXPERIMOTORS

experimotors_tcm838-299227

Experimotorsは2017年から新しく登場したセグメントです。
が、その内容を見ると2016年のTool-in-1セグメントに近しいところがありますね。

Fuel your imagination, get those wheel turning and experiment with the world around you!

全10車種からなるセグメントで、Experimotorsは「実験者」という意味を持っています。

その名の通り、実験的なセグメントで、どの車種も何かしらのギミックを持っているのがその特徴です。

HOLIDAY RACERS

holiday-racers_tcm838-299230

Holiday Racersも2017年から新しく登場したセグメントです。

Always in auto-matic holiday mode- whatever you’re celebrating!

休日のお父さんが乗る車・・・かと思ったら、そうではありませんでした。
全5車種で、すべての車が何かしらの記念日を祝うものになっています。

ハロウィーン、クリスマス、ハッピーニューイヤー、バレンタイン・・・残りはイースターかな?
2018年にも引き継がれそうなセグメントですね。

[参考]HOLIDAY RACERSについての考察。

TOONED

tooned_tcm838-299391

Toonedセグメントは2016年にはありませんでしたが、もっと以前には存在していたシリーズです。

Extreme proportions, over-the-top styling and car-tooned to the max!

アニメ調(Cartooned)にデフォルメされた車種が特徴となる10車種がラインナップされています。

FACTORY FRESH

factory-fresh_tcm838-299234

FACTORY FRESHも2017年から登場したセグメントです。

Highly detailed, cutting edge designs; just get in the driver’s seat and prepare to turn head!

最先端デザインの車種が10種で、FACTORY FRESHはちょうど工場から出荷されたばかりのような意味合いでしょうか。
人気の出そうな車種ばかりがラインナップされています。

2016年のHW SHOWROOMセグメントに値しそうな感じですね。

HW SPEED GRAPHICS

hw_speedgraphics_330px_tcm838-280158

Real race performers that speed fast on track.

「実際のレースカーはトラック上を早く走るぜぇー!!」
みたいな感じのセグメントです。

2016年もあったので、だいたいどんな感じかわかりますね。
グラフィカルなステッカーアートがカッコいい、レース仕様のモデルたちを集めています。

FRIGHT CARS

frightcars_tcm838-299229

FRIGHT CARSも2017年からの新セグメント。
海外アソでは展開されていたサイドラインのFRIGHTシリーズがMainlineにも登場したイメージでしょうか。

Spookily speeding around the track while scaring all the competition away!

FRIGHTの意味は「恐怖」とか「驚き」、そして「オバケみたいな醜いもの」。
その名の通り、お墓をイメージした車やオバケそのものにタイヤがついたものまで、おどろおどろしい車種が揃っているセグメントになります。

[参考]FRIGHT CARSについての考察。

HW HOT TRUCKS

hw_hottrucks_330px_tcm838-280117

HW HOT TRUCKSは2016年にもあった、トラックを集めたセグメントです。

4 x 4s and trucks ready to work or race.

基本はピックアップトラックが集まっていますが、中にはBlazerのようなトラックベースの4WDがラインナップされることも

個人的には次のFLAMESと並んで、とてもアメリカっぽいセグメントだと思っています。

HW FLAMES

hw_flames_330px_tcm838-280185

これも2016年にあったセグメントですね。
2015年以前にもHEAT FLEETというサブセグメントで展開されていたものです。

As voted for online, all featuring cool flame details!

内容はアメリカンマッスルカーなどのボディに、これまたアメリカンなファイヤパターンがペイントされた車種のみで構成されています。
こんなのが実際に街中を走っていたらカッコいいですね・・・1950年代~1960年代の車がよく似合うセグメントだと思います。

ちなみに車種の選定は前年度にオンライン投票によって決められています。

HW ART CARS

hw_artcars_330px_tcm838-280182

HW ART CARSも2016年にあったものが引き継がれています。

Colorful, art-inspired vehicles, ready to paint the town.

平らな面積が多めな車種がラインナップされ、まるでボディをキャンバスかのようにペイントした、まさにアートなセグメント。

なんとなくアーティスティックなものから、実際の有名なアートをインスパイアしたものまであってオシャレです。
ルーフにはアルファベットが一文字ずつ書いてあり、全車種揃えると「HW ART CARS」になるという洒落も利いてます。

ただ、「HW ART CARS」だと9文字ですが、ラインナップは10車種なので、どこでどう調整を取るのかが気になりますね~。

[参考]2017年のHW ART CARSシリーズについての考察。

HW RESCUE

hw_rescue_330px_tcm838-280200

HW RESCUEセグメントも2016年に存在していました。
その名の通り、緊急車両を集めたセグメントです。

Fearless and fast to respond, these vehicles saves the day!

アメリカンな消防車や救急車はもちろんのこと、Corvetteのパトカーとか、消防用ボートとか、とにかく日本の「緊急車両」ではラインナップされないようなモデルが多くて面白いです。

X-RACERS

xraycers_330_tcm838-300536

X-RAYCERSは「クリアボディ、クリアホイール」のセグメントです。
2016年にもありましたが、全車種が謎車で構成されていたにも関わらず、だだ余りしているわけでもない状況を考えると根強いファンが多いのか、子供たちに人気なのか、なかなか興味深いセグメントと言えます。

過去にはフェラーリのX-RAYCERSなんかがありましたが、2017年もまたScion XB以外すべて謎車というラインナップになっています。

SUPER CHROMES

superchromes_330px_tcm838-280173

SUPER CHROMESは1970年代に登場した同名シリーズを踏襲したセグメントです。
輝くクロームまたはゴールド(いずれもメッキ仕上げ)のカラーリングでギラギラした車種が揃っています。

これまた謎車ばかりがラインナップされますが、メッキボディのギラ付きがデビュー当時から70年代後期ぐらいのホットウィールを彷彿とさせる熱いセグメントと言えます。

HW MOTO

hw_moto_330px_tcm838-280123

これまた2016年もあったセグメントですね。
バイクのみがラインナップされています。

Dream bikes and two-wheeled favorites.

ホットウィールを好きな人は「車は好きだけどバイクは別に」って人も少なくないと思うので、実車か否かに関わらずあまり人気がないんじゃないか・・・なんて油断してたら痛い目を見るセグメントだったりします。

HW SNOW STORMERS

snowstormers_330px_tcm838-280170

SNOW STORMERSも2016年から続くセグメントです。

Chilled out and ready to take on the powder.

雪の上を走ることができる乗り物(車とは言ってない)が集まっています。

カラーリングも雪の上にマッチしそうな寒色系が多いのも特徴の一つだったりします。(たぶん)

HW GLOW WHEELS

hw_glowwheels_330px_tcm838-280161

HW GROW WHEELSも2016年から続いています。
セグメントアイコンを見てわかる通り、暗所で光るタイヤが採用されたセグメントです。

X-RAYCERSやSUPER CHROMES同様に謎車ばかりのラインナップなので注目されづらいですが、トラックセットを持っているなら部屋を暗くしてループを走らせてみたいものですね。

HW RIDE-ONS

hw_rideons_330px_tcm838-280194

HW RIDE-ONSも2016年から続くセグメント。

Designed to attach figures. How will you ride?

レゴのミニフィグ・・・もとい、MEGABLOKSのフィギュアを乗せて楽しむことができる車種がラインナップされています。

2016年にラインナップされたLEt’s GOなんかはもう完全に「レ・ゴー」って言ってるんですけどね。

ただ単純に運転席に座らせるというだけでなく、いろんなところに取っ手がついていたりするのも面白いところです。

SURF’S UP

surfs-up_tcm838-299232

SURF’S UPは2017年モデルの新セグメントです。

Load up your gear and get ready to ride in style to the gnarliest waves on the planet!

「この星の波に乗ろうぜ!」的なことが書いてありますが、’62 Custom Chevy PickupやKool Combi、Surf Crateといった、サーフィン系の車種が揃っているので、単純にカリフォルニアチックでサーフっぽい車両の集まりかもしれませんね。期待。

BATMAN

batman_330px_tcm838-280135

2016年から続く、主にBATMOBILEを集めたセグメント。

Help BATMAN fight crime and protect GOTHAM CITY in these BATMOBILE inspired vehicles.

アメリカではバットマンの人気って根強いんですね。

ただ、カラーバリエーションが乏しく、素人目で見ると違いがわからなさそうなところが残念なところ。
※実際には2016年のSTHやZAMACはカッコよかったです。

サイドラインやマルチパックのようにペンギンやジョーカーをイメージした車種があるともうちょっと面白くなりそう。
ハーレークインモデルとかも良さそうですね。

STREET BEASTS

streetbeasts_330px_tcm838-280129

われらがStreet Beastsセグメントも2016年から継続しています。

Creatures on wheels that are beasts on the street.

1980年代のSpeed Demonシリーズの流れを汲んだものですね。

僕はこのブログを通じて、意外にもStreet Beastsのファンが多いことに気づかされましたw
確かにかなり面白いです。ホットウィールじゃなきゃできない。こんなの。

2017年モデルにもNew Modelsが3台控えているので、どんなヤツが出てくるのか楽しみです。

HW DAREDEVILS

hw_daredevils_330px_tcm838-280153

HW DAREDEVILSも2016年から続いているセグメント。

Fearless stunt vehicles, ready for stunting action.

スタント車両を集めたものになっているので、そこそこゴツイ感じ。

2017年のラインナップではすべて謎車で構成されていましたが、Bone Shaker、Baja Boneshaker、Skate Brigadeが同車種内でどんな仕上がりになっているのか次第では人気が出てもおかしくないと思っています。

HW RACE TEAM

hw_raceteam_330px_tcm838-280147

根強いファンが多いという「Hot Wheels Race Teamカラー」で仕上げられたセグメント。

同じカラーリング、同じようなデザインでラインナップされた車種たちは、全部そろえて並べたくなること必至です。
2016年は10車種構成でしたが、2017年は5車種で展開。

HW CITY WORKS

hw_cityworks_330px_tcm838-280156

Utility vehicles to service the streets with style.

HW CITY WORKSはもうずっとベーシックカーの根幹にいたようなセグメントです。

そのコンセプトはいわゆる「はたらくくるま」。
アメリカンな見解のタクシーやバス、タンクローリーなどなどがラインナップされます。

NIGHT BURNERZ

nightburnerz_330px_tcm838-280120

NIGHT BURNERZも2016年から続いていますね。

Super speeders designed for night driving.

「闇夜を照らす(燃やす)車たち」みたいな意味合いで、要するに走り屋的な車種が揃ったセグメント。

日本においてはSPEED GRAPHICSやEXIOTICSと並んで人気が高いセグメントだと思います。

MUSCLE MANIA

musclemania_330px_tcm838-280126

これもHW CITYと同様に近年ホットウィールベーシックカーの根幹ともいえるセグメントです。

Custom-striped muscle cars that look good when driving around town or racing.

アメリカンなマッスルカーと、マッスルカーをイメージした謎車が集まったラインナップ。

どの車種もカッコいいのは必然と言えますね~。

HW DIGITAL CIRCUIT

hw_digital_circuit_330px_tcm838-280138

HW DIGITAL CIRCUITも2016年から続いているセグメントです。
僕は全30セグメントの中で、これだけがあまりよく理解できていません。

おそらくはスマホゲーかブラウザゲーか・・・それかコンシューマーかもしれませんが、何らかのゲームにおいて真価を発揮するような車種が並んでいるのではないでしょうか。

CAMARO ANNIVERSARY

シボレー・カマロの50周年をお祝いするセグメントです。
2016年のBMWセグメントの位置ですね。

’67 Camaroから2017年のNew Modelsまで5種ラインナップされています。

THEN AND NOW

then_now_330px_tcm838-280176

THEN AND NOWセグメントも2016年から続いています。

同じ車種(後継機)を年代ごとに2つ揃え、あの頃(THEN)といま(NOW)で比べてみようっていう試みのセグメント。

2017年には謎車であるプロジェクトスピーダーとマッスルスピーダーがラインナップされるなど、裏設定を知っているような人がニヤリとするセグメントと言えますね。

HW EXOTICS

hw_exotics_330px_tcm838-280188

HW EXOTICSも2016年から続いているセグメント。

Exotic super cars, always ready to race!

「エキゾチックカー」ってなんとなくの認識しかありませんでしたが、調べてみると「欧州産の大排気量スポーツカー」っていう明確な仕分けがありました。

エキゾチックカーのみがラインナップされるセグメントだと考えると、2017年モデルでHW EXOTICSから登場するVelocitaは欧州産の謎車なんだということがわかりますねw

おわりに

というわけで、多少冗長な感じはありますが、30種のセグメントについてでした。
各セグメントの方向性を知ると、なんとなく自分が気になるセグメントっていうのが出てきたりしますね。

昨年と同様であれば、だいたい1セグメントに1つずつTHまたはSTHが入る仕様だと思います。
自分が気になるセグメントのTHやSTHというのはなんとなく欲しくなるものです。

※ただ昨年はなぜかDaredevilsに2つTHが入ってSnow StormersにTHがないという感じだったので、残念ながらTHがないセグメントも出てくる可能性も捨てきれません。

そしてこれだけいろんなセグメントに分けることができるほどにバラエティ豊かな車種が揃っているのがホットウィールの魅力なのかもしれないと改めて実感できますね。

  関連記事

パッケージでベーシックカーとそれ以外(コレクティブルなモデル)を見分ける方法

ホットウィールの売り場は、アイテムがたくさんあるところになればなるほど、ごちゃご …

君はROBO WHEELSを知っているか・・・?00年代ホットウィールの黒歴史かもしれないシリーズ

日本においてバンダイがホットウィールの正規輸入代理店だった2000年から2002 …

ホットウィール、基本のタイヤとタイヤ名称の読み方について。

ホットウィールはこの価格帯のミニカーにしては、タイヤにかなりこだわっているブラン …

Hot Wheelsの基本情報 | 発売日・価格・買える店など

手のひらサイズのミニカーながら、 アメリカンでなんともカッコイイ”ホットウィール …

ホットウィールの用語集 | アソート・タンポ・リアルライダー・RLC・HWCなど

ホットウィールについて知り始めたころ、本当にわからない用語がたくさんありました。 …

Red Line (Red Stripe) タイヤについてのまとめ

ホットウィールはド派手なボディサイドのペイントに目を奪われがちですが、何気にタイ …

ホットウィール40周年を飾った「Since ’68シリーズ」について。

Since’68シリーズは2007年末から2008年にかけて展開され …

ホットウィールベーシックカーにおける「カラバリ」と「2ndカラー」の違いについて

先日レビューしたシェビーブレイザーの4×4ですが、やっぱり赤い方を触っ …

100%ホットウィールシリーズについてのまとめ。ついでに’70 Firebird T/Aのレビュー。

もともと子供向けの玩具として販売されたホットウィールですが、当時の子供が大人にな …

ホットウィールのNeo Classics Seriesについて|歴史や特徴のまとめ

ついに人生初のNeo Classicsを入手しました! 2003年のHWC Se …

Comment

  1. 5踏み より:

    こんにちは〜
    アートカーズですが、2016年版のマスタングのルーフに「16」と入っている事を考えると最後の1文字は2017の「17」ではないかと思います。
    また、デジタルサーキットですが、過去にミニカー裏の台紙(トレジャーハントだと炎のマークが入っているところ)にコードが印刷されていて、それを使って遊ぶネットゲームがあり、おそらくそのシリーズの後継にあたるものかと思います。

    • 5踏み より:

      そういえば、カマロフィフティですが昨日秋葉原のヨドバシに並んでましたよ〜

      • にわかマニア管理人 より:

        5踏みさん

        こんにちは!コメントありがとうございます。

        アートカーズ、やっぱり「17」ですかね~。
        HWCで「HW ART CARSって文字になるよ」って書かれてたのでどうなのかと思いましたが・・・

        >デジタルサーキット

        おおお!そういうシリーズがあったんですね!
        はたして日本人で今のデジタルサーキットを活用出来ている人はいるんだろうか・・・w

  2. harunam より:

    こんばんは、ホットウィールデジタルサーキットは本当に謎だったので、5踏みさんの情報提供有難いです。個人的に気になったのは、ロゴが若干変わっているところですね。例えば、エキゾチックなんかはロゴの車が17フォードGTだったのに対し、今年のはよく分からない感じになっています。まだ、ホットウィールレースチームのロゴは、ヘルメットに68の文字が入っており、ホットウィールが1968年スタートであることを強調していますね。それなのに、ライドオンズやグロウウィールズなんかは変わっていませんし、不思議ですね。僕は昨日、ホットウィール35周年記念のシリーズである、hot wheels world raceの ’55 chevy nomadをゲットしました!特別なカッコイイタイヤを履いており、また、中にコミックも付いている、豪華なホットウィールです!しかし、あとで画像をお送りするのでその時分かると思いますが、ブリスターのプラスチック部分がブリスターの表面を全て覆っているので、なかなか開けられません…パッケージも凝っており、開けたくてもなかなか開けられないですw

    • にわかマニア管理人 より:

      harunamさん

      こんばんは!コメントありがとうございます。

      >ロゴ

      すみません、Ride-onsやGlow Wheelsは2017年版のアイコンがなく、昨年のを僕が流用しただけです。
      もしかしたら同じかもしれないけれど、もしかしたら違うかも。

      >hot wheels world raceの ’55 chevy nomad

      おー!おめでとうございます!
      ハテ・・・月に1台だったかな・・・週に1台だったかな。

      >ブリスターのプラスチック部分がブリスターの表面を全て覆っているので、なかなか開けられません…

      ああ、わかります!
      僕も今、それで開けてないヤツ2つあります。
      あれ、どうやったら綺麗に開けられるんですかね~。

      • harunam より:

        月に1台ですが、1月はお正月があるので特別に3台です。あと、この間の期末の英語が満点だったので、月に2台になりました!よかったです!ちなみに、僕は自分で言うのも良くないですが、ブリスターをかなり上手く開けられる自信があるので、(井の中の蛙大海を知らずなのかもしれないけれど)慎重に切れば綺麗に開けられると思いますw

        • にわかマニア管理人 より:

          harunamさん

          >1月はお正月があるので特別に3台です。

          そんな特別ルールがwww

          >この間の期末の英語が満点だったので、月に2台になりました!

          おおー!満点はすごいですね。
          そして月2台、おめでとうございます!良かったですねw

          >慎重に切れば綺麗に開けられると思いますw

          どこをどう切るかで悩んじゃうんですよ~

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です